色黒だと美白ケアをしても無駄なのか

私って「色黒だな」と鏡を見たときに思うことがありませんか。色黒だから美白ケアをしても無駄と思っている方もいるようです。白くなりたいのに、あきらめてしまうのは悲しいですよね。しかし、本当にもともと色が黒い方は美白ケアをしても無駄なのでしょうか。

たしかに、美白ケアは肌本来の色よりも白くするものではないので、もとが黒いと色白になるのは難しいです。しかし、色黒だと思っていてもその肌の色は本来の色ではない可能性があります。

生活をしていればどうしても紫外線の影響を受けます。紫外線の影響を受けるとメラニンの生成が促されて肌の色が黒っぽくなります。顔や手は肌を露出しているので黒っぽくなりやすい部位です。

腕の内側を見ると紫外線が当たりやすい部位と比べると白いですよね。腕の内側も日差しの影響を受けるので本来の肌の色ではありませんが、色黒だと思っていても実はもう少し色が白いのです。

色が黒くなってしまう大きな原因が紫外線です。日差しが強い夏場は紫外線対策をしっかりしていても、冬場や雨の日は紫外線対策を忘れているのではないでしょうか。紫外線は1年中地上に届いていて、晴れの日に比べて曇りの日は60~70%、雨の日でも20%ほどの紫外線が届いています。そのため、1年中紫外線対策が必要です。買い物に行ったり洗濯ものを干すなどちょっとした時間でも紫外線の影響を受けるので、わずかな時間でも日焼け止めを塗って防ぎましょう。

美白ケアをすることでも本来の白さを取り戻せる可能性があります。美白成分にはメラニンの生成を抑制するものと、メラニンの生成を抑制するとともにメラニンを薄くするものがあります。

メラニンの生成を抑制するものには、アルブチン、ルシノール、エラグ酸、コウジ酸、プラセンタエキス、カモミラET、トラネキサム酸などがあります。メラニンを抑制したりできてしまったメラニンを薄くする成分にはビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。メラニンを防ぐ、今あるメラニンを薄くする、どちらの効果を得たいのかによって選んでください。

メラニンの生成を防ぐならホワイトニングリフトケアジェルのシミウスがおすすめです。