ヒアルロン酸は塗っても、飲んでも安全性が高く、乾燥対策に良い成分

ヒアルロン酸は、人の肌や粘膜部分に主に含まれている成分であるため肌に塗っても注入しても、飲んでも安全性が高くしっかりと水分を保持するので乾燥対策に良い成分です。

エイジングケアにも良い

年齢を重ねると、肌内部の水分量が減ることで乾燥しやすく筋力も衰えて皮膚がたるむようになります。
40代から50代以上の中高年代になると、特に乾燥からくるシワやたるみが目立つようになります。

そのため、口元や目元などのシワやたるみが特に気になるようになりますがヒアルロン酸を使うことで水分が保持できるようになるとハリや弾力が生まれてシワやたるみを防ぐことが出来ます。

一定の年齢を過ぎたら、積極的にケアしていくことで老化を出来るだけ遅らせたり未然に防ぐことが出来るでしょう。

目的に合わせて分子を選ぶ

ヒアルロン酸には低分子のものと高分子のものがあります。

低分子のものは肌への浸透力が高く、肌に乗せるとすぐに浸透していきますが保湿の持続時間は短くさらっとした軽い使い心地のものが多いです。

高分子のものの場合、浸透するまでに時間がかかりますがその分しっとりとしていて保湿が持続する時間が長くなります。

そのため、さらっとした使い心地で軽く保湿をしたい場合には低分子のものを選び肌がしっとりとするまでしっかりと保湿をしたい場合には高分子のものを選ぶと良いでしょう。

化粧水の他にも、美容液や乳液、クリームなどでバランスを取りながら肌の水分量を保持することが大事になります。

内側からも取り入れる

ヒアルロン酸は、化粧品に多く含まれている成分の一つになりますが肌に塗るだけでなく内側から取り入れることも同じように良いと言われています。

飲むタイプのヒアルロン酸も使うことで、内側からも保湿に効率よく働きかけることが出来るでしょう。

化粧品と合わせて一緒に使っていくことで、乾燥しらずでシワやたるみもな少ない美肌をいつまでも維持することが出来ます。

SNSでもご購読できます。